ジイちゃん、朝はまだ?

トートー28

2018-08-11

。。。。センヘウシニ」ャスネトネォハミケイキ「ノミ。ミヘハウニキメオハウニキーイネォハツケハ11ニ」ャユシハウニキーイネォハツケハラワハスヒトキヨヨョメサ。」ハオシヨミ」ャミ。ミヘハウニキメオオトラシネヨニカネイサケサセォマク」ャラシネフシコヘメェヌリスエマクサッヘノニ。」ミ。ミヘハウニキメオハウニキーイネォキ醯ユソリヨニトワチヲスマオヘ」ャノイセュモェケウフエ贇レスマエハウニキーイネォメサシ」ャアネネ醫エスィチ「ミ。ラキサハウニキシム。「ノイシモケ、コヘマハロヌ鯀シヌツシヨニカネ」ャメサオゥウマヨハウニキーイネォホハフ」ャトムメヤラキヒンホハフ簑エヤエコヘヤネホヨフ。」

。。。。。。。。ユ箒ホエモイゥホケンオスセモテノ酩」ャユナコ篆モハワイノキテハアヒオ」コ。ーエォヘリシシメユヤレホメケモミラナキヌウ」モニセテオトタハキ」ャコワソノトワヤレカォココハアニレセヘキ「テハケモテチヒ」ャエォヘリシシメユヤレヨミサェホトテオトエォウミモエォイ・ケウフヨミニラナヨミチニヨオトラモテ。」ホメケケナエヒトエキ「テヨミ」ャヤヨスハオトクトスコヘモ。ヒ「ハオトキ「テカシモエォヘリシシメユマ「マ「マ犹リ。」ジイちゃん、朝はまだ?

。。。。シネネサテサモミーワクヘネユオトミトヒ」ャセヘイササ睹スフオトタァトムオヘヘキ」ャトトナツヌーツキツツ」ャヒメムモテタセュキ醺コチイサヘハノォオトーョオトウミナオ」ャホェユノキシ睫リチヒメサニャシメオトトセイクロヘ。」

。。。。ミミチヒ」ャアラーチヒ」ャメェハヌスフームノラモクユロフレハ豺チヒ」ャカケキラモオトハツヌ」ャホメタエート羃レニス。」ヒオサーシ」ャミケマ羸ヘソェハシヘムユナミ。ア襍トメツキ。」

。。。。エヒコ10トシ」ャメサヘカ狹タエラヤ21クケシメコヘオリヌオトケ鯢ネツスミヤレユ簑ーイチヒシメ」ャノサ。「ホトサッ。「マーヒラエネレコマ」ャミホウノミヒツ。カタフリオトヌネマ醫カオタ。」。。。。ハツマネオコテオトー゚タシメカヨュモトセハキロスチー雉莵ヨコ」ャオケネエケヨミモテエトセイソヒルオリモテチヲタエサリスチー」ャヨアヨチトセハキロヤレシクキヨヨモコハワネネ、ウノメサヘナコ」ャア譱ノモテノララモハ「ウヌミウノミ。ソ」ャヤレラーツメャヒソオトエナフラモタケノマメサネヲ」ャユエツーラノォメャヒソオトツフノォヘクテオトヒョセァク箜羲ワソアサカヒノマチヒイヘラタ。」ユ籔サモミヤレヌネマ邊ナトワウヤオス。」。。。。ミミラ゚ヌネマ醪ヒツ。」ャニキウ「ーヘネヒ盡ケモ。「ーヘカォナ」ネ。「モ。ト眩ァ牀シヲ。「ヌァイ羣。「メャラモク箏ネテタハウ」ャソエヌネセテヌオトヤリク靫リホ」ャネテサカッイホモユ゚ウ莵ヨフ衽魴スヌネマ邨トキ酩鮗ヘホトサッ。」」ィヘ凜ゥ

商品説明書名 ジイちゃん、朝はまだ?--438gのうまれ・そだち・いけん--著者 いわせ かずみ出版 日本僑報社判型 四六判 224頁定価 1,800円+税発行 2017年5月26日ISBN 978-4-86185-238-1C0036 注文先 http:///item/何の因果でこんな生まれなのか、もっと並の子として初孫のボクに呼びかけたかったのでしょう。安産の祝福と順調な成長を祈って…【内容紹介】438グラムの「ちいさな命」を見つめ続けたジイちゃんの5年間かつて肉体的にも精神的にもごく普通の夫婦に突然生まれた子は、餌にありつけず痩せ細った山鳩ほどで、パパの手のひらにのるほどでした。自助努力での呼吸困難もちろん産声なしです。そんな生まれの子につきまとうのが未熟児網膜症という病気です。今日の医療技術からすると、95%以上の治癒率だそうですが、関係周囲の努力が行き届かず否定的圏域にいれざるをえないとすれば、きわめて忌々しきことです。(あとがきより)-------------------------------------------------------マスコミに取り上げられたこの本の-------------------------------------------------------目次第一章 誕生……1 ボクは……生まれた2 『よのすけノート』3 過ぎたるは障害?第二章 山は越えられるはず1 目が?2 未熟児だから?第三章 家族と1 家族とボクの日々2 日々苦闘、でも好日あって3 ことばがスムーズに……?4 期待に応えたいよ5 またぞろ病気が6 神仏祈願7 一歩前進一歩後退8 奇癖はなぜ?9 あ、名優一人芝居?第四章 そして、新たな……1 ママの変化2 蠢(うごめ)く虫のように3 やはり足踏みです4 来年は幼稚園5 教育環境整備6 周りはみんなやさしくて7 節分の夜【著者紹介】いわせ かずみ 本名増子一美1943年福島県生まれ。放送大学卒。東日本旅客鉄道梶A旧岩瀬村史編纂事務局など勤務。市民生委員、労組委員長、教育委員長歴任。総評文学賞、福島県文学賞、労働者文学会議文学賞など受賞。著書に、福島県文学賞受賞作『嫌悪』他、創作民話など数点。数量(ご注文数をお入れください)。」